男の人

配偶者の不倫に気付いたら素早く行動|慰謝料を確実に請求する

証拠集めは早めに行なう

男性と女性

結婚をしているにも関わらず、浮気や不倫をしてしまう人は少なからずいます。これらのように、配偶者に原因があって離婚をする場合には慰謝料を請求することが可能です。離婚時に慰謝料を請求できる原因はほかにもDVや経済DV、モラルハラスメントなどが挙げられます。このように配偶者によって精神的、もしくは肉体的に傷つけられた場合には慰謝料を請求できるケースが多いのです。慰謝料の請求に関して性別は関係なく、男女どちらであっても配偶者を精神的・肉体的に傷つけたのであれば慰謝料が発生するのです。また、金額の相場については50万から500万と言われています。離婚の原因によって変わるほか、配偶者の被害の度合いによっても金額が変化します。相手からより高い金額を請求したいと考えるのであれば、離婚問題に強い弁護士を探すことをおすすめします。離婚問題をメインに取り扱っているという弁護士であれば、取り扱ったケースが豊富であることが期待できます。てきぱきと必要な手続きを進めてくれますので、精神的な負担も軽くなるでしょう。また、離婚を考え始めたら、早めに証拠となるものを集め始めることをおすすめします。言い逃れが可能になりそうなケースである場合、決定的となる証拠が多ければ多いほど有利になります。特に暴言などは言ってないと言い張られることが多いので、レコーダーやスマートフォンで録音しておくことがおすすめです。また、当事者同士での話し合いとは違うことを言い始める可能性もありますので、話し合いを行なうのであれば録音しながら行なうとよいでしょう。